小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

江口寿史扉絵大全集

江口寿史扉絵大全集
定価 5,500円(税込)
発売日 2023/10/04
ISBN 9784091990808
判型 B5判
354頁
内容紹介
江口イラストの原点は〈マンガの扉絵〉! 江口寿史のイラストの原点は〈マンガの扉絵〉だった!
鴨川つばめ『マカロニほうれん荘』の扉絵に衝撃を受け、1979年創刊の雑誌「イラストレーション」では湯村輝彦、鈴木英人、永井博、林静一といったイラストレーターたちを知った江口寿史は、毎回マンガの扉絵で、本編とはまったく関係のない絵を描いて、イラストの描き方を試していたという。
カラーを使わずにトーンの差で表現する。トーンを使わずに線だけで描く。筆で木版風に。スクリーントーンで眼鏡の影を表わす、などなどを実験をしていたのだ。マンガで初めてカラートーンを使ったのも江口寿史。ただ、まずは扉絵を描いてテンションを上げてから、ネームを描くという感じになっていったということから、本編が二、三ページで終わってる回もあったそうだが……。
本書は、『すすめ!!パイレーツ』『ストップ!!ひばりくん!』『「エイジ」』をはじめ、『パパリンコ物語』『ラッキーストライク』『イレギュラー』までの、ほぼすべての作品の扉絵を大集成し、江口寿史の「絵の歴史」が一望できるイラストレーション集である。

編集者からのおすすめ情報
いまや人気イラストレーターとして知られる江口寿史は、もちろんマンガ家でした。
『すすめ!!パイレーツ』はベストセラー、『ストップ!!ひばりくん!』も各巻百万部を超える大ベストセラー。『寿五郎ショー』『江口寿史のなんとかなるでショ!』『江口寿史の爆発ディナーショー』では、マンガ好きを唸らせる作品を描き、『爆発ディナーショー』では文藝春秋漫画賞を受賞しています。本書は、9月30日から開催される世田谷文学館での「江口寿史展」に呼応したイラストレーション集で、江口寿史の絵がどう変わってきたかを一望することができる、初のおそらく世界初の〈マンガの扉絵全集〉です。

同じ作者のコミックス

  • 江口寿史扉絵大全集

    江口寿史扉絵大全集

  • 日本短編漫画傑作集

    日本短編漫画傑作集

オススメのコミックス

  • されど罪人は竜と踊る プリマグラフィ

    されど罪人は竜と踊る プリマグラフィ

  • Onslaught

    Onslaught

  • Onslaught 20周年記念グッズ付き限定版

    Onslaught 20周年記念グッズ付き限定版

  • 零次元機械紀行

    零次元機械紀行

  • 名探偵コナン カラーイラスト全集 1994-2015

    名探偵コナン カラーイラスト全集 1994-2015

  • 葬送のフリーレン 画集

    葬送のフリーレン 画集

  • 名探偵コナン 20years シネマガイド

    名探偵コナン 20years シネマガイド

  • 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 ぽんかん8 ART WORKS

    『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 ぽんかん8 ART WORKS

ページTOPへ