小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

忍者武芸帳(影丸伝) 5

作: 白土三平 
忍者武芸帳(影丸伝) 5
定価 702円(税込)
発売日 1997/07/17
ISBN 9784091922052
判型 文庫
344頁
内容紹介
忍者影丸を通して描く感動の戦国ロマン ▼第1話/影一族(しびれ)▼第2話/影一族(岩魚)▼第3話/影一族(蔵六)▼第4話/影一族(三つ)●登場人物/影丸(陰の流れをくむ忍者。特殊な能力をもつ7人と出会い、影一族をつくる)●あらすじ/盗みをした男の一家が、川で処刑された。次の日、子どもにはかろうじて息があった。発見した村人たちはとどめをさそうとするが、なぜかもりをさそうとした瞬間、全身がしびれて死んでしまう。それを見ていた伝造というよそ者が、子どもを家につれて帰り、いっしょに暮らすようになった。そんなある日、襲ってきたオオカミが同じように一撃で倒された。この子、捨吉には危険な状態におかれたとき体内に変化が起こり、敵を感電死させる特殊な能力があったのだ(第1話)。▼魚をついていた男が沼におちて死亡した。八人目となった被害者に、村人は水魔のたたりだとうわさする。通りかかった侍が退治をかってでるが、一太刀あびせただけで水に落ち死んでしまう。数日後、湖を調べにきた男が傷をおった不思議な人間をみつけ、手当する。その身体は水中に適応したエラ孔や水掻きをもっていた。助けてくれた男に、身体半分が魚のような男、平太は生い立ちを語る…(第2話)。●本巻の特徴/影一族の影分身七人衆は、影丸を支え物語の重要な鍵をにぎる集団である。第4巻のくされにつづき、しびれ・岩魚・蔵六・三つの生い立ちと謎があかされる。今までかくされていた動きの意味や、影丸の不死身の理由までが明らかになる興奮の4編。●その他の登場キャラクター/しびれまたは捨吉(第1、2話)、くされ(第2話)、岩魚または平太(第2話)、蔵六または鬼吉(第3、4話)、鈴鹿の夜叉姫(第3話)、三つ(第4話)●その他のデータ/飛竜噴火渡りの術(第2話)、血走り(第3話)、蚊幕(第3話)、陰の流れ四本しめじの術(第3、4話)、仮死の法(第4話)、逆足(第4話)、影分身八つ身(第4話)

同じ作者のコミックス

  • カムイ外伝【スガルの島】

    カムイ外伝【スガルの島】

  • カムイ伝全集 全38巻

    カムイ伝全集 全38巻

  • お仙

    お仙

  • ワタカ〔小学館文庫〕

    ワタカ〔小学館文庫〕

  • 野牛の歌

    野牛の歌

  • バッコス

    バッコス

  • ペンテウス

    ペンテウス

  • サバンナ

    サバンナ

オススメのコミックス

  • 血の轍

    血の轍

  • 正直不動産

    正直不動産

  • コロッケ! BLACK LABEL

    コロッケ! BLACK LABEL

  • くノ一ツバキの胸の内

    くノ一ツバキの胸の内

  • モブサイコ100

    モブサイコ100

  • これ描いて死ね

    これ描いて死ね

  • 名探偵コナン

    名探偵コナン

  • 薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~

    薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~

ページTOPへ