小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

宙舞 ―そらん― 1

宙舞 ―そらん― 1
定価 556円(税込)
発売日 1999/04/27
ISBN 9784091853219
判型 B6
208頁
内容紹介
ある奇跡を共有した宙樹と舞子。その二人も今は離ればなれ。そんなとき、宙樹は舞子が失踪したとの知らせを聞き、東京へ向かうが……。
▼第1話/特別な関係▼第2話/夜明けの動揺▼第3話/一生の別れ?▼第4話/空を翔ぶ声▼第5話/月夜の水音▼第6話/陽助の正体▼第7話/青春の原点▼第8話/いたずらな休日▼第9話/カメと四畳半●登場人物/田河宙樹(大学浪人中。高校時代、水の上を歩いたことがある。舞子との特別な関係を信じつつ、今の自分にいらだち、くすぶった生活を送る)、北村舞子(宙樹の高校時代の同級生。宙樹から受けた「翔ぶ」というイメージを大切に、東京の東宝女子大学バスケット部で必死にがんばっている)、青葉陽助(一人旅をしている途中、宙樹と知り合う。宙樹に上京を勧め、舞子との関係修復に協力しようとしている)●あらすじ/水の上を歩いた少年と、ただ一人それを目撃した少女。奇跡を共有した高校の同級生、田河宙樹と北村舞子だったが、舞子は東京の大学へ、宙樹は故郷で浪人と、離ればなれになってしまう。そんな今の自分にいらだち、くすぶった生活を送る宙樹の元へ、大学のバスケット部で悩む舞子が失踪したとの知らせが届く。その時、すでに故郷に戻っていた舞子だが、自分の弱さを見せたくないと、宙樹には会わずにいた。その日は故郷の町で年に一度、三尺玉が打ちあがる日。打ち上げは毎年失敗続きなのだが、その日の見事な花火を別々の場所で見た宙樹と舞子は、それぞれ思いを新たに、舞子は東京へ戻ることを、宙樹は故郷で知り合った謎めいた男・青葉陽助とともに東京へと向かうことを決意する。(第1話)●本巻の特徴/18歳を迎え、今は別々の地で過ごす2人の間には、信じられる「特別」があった。その「特別」を確かめようと、宙樹は東京で生活をはじめる。

同じ作者のコミックス

  • ANRI THE BLOOD

    ANRI THE BLOOD

  • 宙舞 ―そらん―

    宙舞 ―そらん―

  • D-ASH

    D-ASH

オススメのコミックス

  • 雪花の虎

    雪花の虎

  • 野湯ガール

    野湯ガール

  • 賢者の学び舎 防衛医科大学校物語

    賢者の学び舎 防衛医科大学校物語

  • イベリスの花嫁

    イベリスの花嫁

  • 鼻紙写楽

    鼻紙写楽

  • 僕はコーヒーがのめない

    僕はコーヒーがのめない

  • 中退アフロ田中

    中退アフロ田中

  • コキーユ

    コキーユ

ページTOPへ